2016年10月19日水曜日

2016年10月16日日曜日

【イベント】10月14,15,16日東京・日比谷公園で2万人が集まって「土と平和の祭典2016」を開催

10月14,15,16日東京・日比谷公園で2万人が集まって土と平和の祭典2016」を開催。
ネットワーク農縁、新庄水田トラスト、新庄大豆畑トラストも出展しました。また出会いが増えました。
YAEちゃんスタッフの皆さん、お疲れ様!



10月16日、土と平和祭典 。3時からモンサント日本本社へデモをしました。

10月16日、土と平和祭典 。3時からモンサント日本本社へデモをしました。

2016年10月12日水曜日

【イベント】2016/10/15 TPPを批准させない! 10.15 1万人行動 今国会での拙速な批准NO!(芝公園) TPPを批准させない! 10.15 1万人行動 今国会での拙速な批准は、NO!

2016/10/15 TPPを批准させない! 10.15 1万人行動 今国会での拙速な批准NO!(芝公園)
TPPを批准させない! 10.15 1万人行動 今国会での拙速な批准は、NO!
 
 政府は、先の通常国会で交渉の秘密主義を批判され、「重要農産品で無傷な物は一つ
もない」(森山農水大臣・当時)と「聖域」を守れなかったことを認めながら、なお秋の臨時国会で、TPP(環太平洋経済連携協定)の批准及び関連法案の成立を強行しようとしています。
 
 そもそもこの協定は、自民党が2012年の総選挙で掲げた公約にも、自らが主導して行った国会決議にも反するものです。
 この間明らかになったことによれば、残された農産物の関税もやがて撤廃されること、食の安全も脅かされること、医療・医薬品価格の高騰をはじめ、政府の「懸念に及ばず」という説明とは異なり、私たちの命や食、暮らし、地域を脅かすだけでなく、参加各国の人権も主権も踏みにじるものであることが明らかになっています。
 
 このような協定は批准させるわけにはいきません。
 「TPPには反対だ、懸念が残る」「秘密主義でよくわからないまま批准するのはおかしい、検証時間が必要だ」などの思いを共有できるすべてのみなさんが、「TPP協定批准はさせない」という一点で、ともに行動しましょう。
 
日 時:10月15日(土)
場 所:東京・港区「芝公園23号地」
   (JR「浜松町」12分、都営地下鉄三田線「御成門」5分)
プレイベント:11:30~12:00
中央集会  :12:00~13:15
銀座デモ  :13:30~16:00
※デモコース 芝公園~新橋駅横~銀座~東京駅手前・鍜治橋交差点(JR東京駅近く)
呼びかけ:TPPを批准させない!全国共同行動
★「全国共同行動」事務局連絡先(共同事務局)
・TPP阻止国民会議(連絡先:山田正彦法律事務所)
 千代田区平河町2-14-13 中津川マンション201
(TEL:03-5211-6880 FAX:03-5211-6886
・フォーラム平和・人権・環境(平和フォーラム)
 千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館内(TEL:03-5286-8222 FAX:03-5289-8223
 Eメール:ichimura@gensuikin.org
・STOP TPP!! 市民アクション(連絡先:全国食健連)
 渋谷区代々木2-5-5 新宿農協会館3階(TEL:03-3372-6112 FAX:03-3370-8329
 Eメール:center@shokkenren.jp

【iイベント】2016/10/16(日)反モンサント大行進@東京

10月16日(日)に行われる反モンサント大行進のご案内です。
是非ご一緒に歩きましょう!

~~~~~~~~コピー・拡散大歓迎です!~~~~~~
 【10/16世界反モンサント行進@東京】

10月16日は、国連が定めた世界食料デーです。

FAO(食糧農業機関)が1979年に、世界中の人々が必要な栄養を摂取できるようにし、飢餓をなくすことを目的に決議し、制定しました。しかし、その理想に反して現実は、貧困や飢餓が拡大しています。

その範囲は途上国だけでなく先進国にも及び、とどまるところを知りません。その最大の理由のひとつに多国籍企業の種子独占による食料支配があります。

とりわけモンサント社は遺伝子組み換え作物の開発を推進し、世界の食料を支配し、多くの市民の生殺与奪の権利を持つまでに至りました。各国の食料主権は奪われ、飢餓が拡大しています。

そのため途上国を中心に世界の市民運動は、この10月16日を「もう一つの世界食料デー」と位置づけて、多国籍企業による食料支配をはねのけ、食料主権を取り戻すための行動を起こします。また、多くの国の市民が、同時に「反モンサント・デー」として取り組んでいます。

日本では時を同じくして、国会でTPP(環太平洋パート―シップ協定)批准に向かって審議が行われます。

批准されてしまえば、遺伝子組み換え食品への規制が難しくなり、さらに新規のGM食品が輸入されることが懸念されます。

私たちはこの日を、「反モンサント・デー」とし「反モンサント大行進」を行います。多くの方の参加をお待ちしています。

●日程:2016年10月16日(日)
●集合時間:14:30
●集合場所:日比谷公園 中幸門(日比谷公会堂と日比谷図書館の間です。公会堂正面入口の側ではありませんのでご注意ください)
●デモ出発:15:00
●コース予定:日比谷公園⇒銀座⇒東京駅⇒モンサント社前

★シンボルカラー=「赤」
できるだけ、何か赤色の物を身に付けてご参加ください。

※集合時間、場所、コースは変更の可能性がありますので必ず事前にこのFBページでご確認をお願いします。

●主催:反モンサント大行進実行委員会
(構成団体:アジア太平洋資料センター(PARC)、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン、日本消費者連盟、ルナ・オーガニック・インスティテュート)

●賛同団体:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、食の安全・監視市民委員会、大地を守る会、ネットワーク農縁世話人会(五十音順)

★賛同団体を募集しています。賛同団体はこのページやサイトに掲載させていただきます。下記のご連絡先にぜひご連絡をお願いします。

●連絡先:遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
電話:03-5155-4756
Eメール:office@gmo-iranai.org
住所:〒169-0051東京都新宿区西早稲田1-9-19
アーバンヒルズ早稲田207号室